使える筋肉・使えない筋肉についての考察

よくある質問筋トレ知識

どうもオバです。

私は筋トレが好きなのでよく筋トレ関連のブログやYouTubeを見ています。

 

その中で「ボディービルダーの筋肉は使えない」
という意見を目にします。

 

私自身は学生時代からスポーツをやっていて、自重トレーニング・ウエイトトレーニングどちらもやってきました。

 

私の結論は「使えない筋肉は存在しない」です。
筋肉ってただの肉ですから。

 

ただの肉に使える・使えないもありません。
その理由を詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

使える筋肉・使えない筋肉の定義

バルクアップ

まずこのブログでの使える筋肉・使えない筋肉の定義を決めたいと思います。

 

私がイメージする使える筋肉というと以下のようなことです。

 

使える筋肉のイメージ

  • 速く走れる(動ける)
  • 速いボールが投げれる
  • パワー(力 × スピード)が強い

 

一言でいうと身体能力が高いこと。

 

イメージ的には陸上選手とか体操選手、アメフトの選手とか。

みんな身体能力が高いイメージがあります。

 

逆に使えない筋肉というのは見た目の筋肉の割に上記の能力が低い、ということになります。

 

なぜ使えない筋肉は存在しないのか

筋トレ

筋肉というのは脳からの指令を受けて縮んだり、伸びたりしているだけです。

 

身体の各パーツが連動して動くことで走ったり、ボールを投げたりできるわけです。

 

身体能力が高いか低いかを決めるのはこの身体の各パーツの連動をいかにうまく行えるかが大事なのです。

つまりハードよりもソフトのほうが重要であると考えます。

 

例えば、先日引退したイチロー選手。

野球に関しては世界中の人達が認めるトッププレイヤーですよね。

 

私は以前、YouTubeで彼がバスケットボールをしている動画を見たことがあります。

はっきり言って下手くそでした。(イチロー選手ごめんなさい)

 

ひねり王子こと、体操の白井健三選手も体操以外のスポーツは全然できないそうです。

 

何が言いたいのかというと、使える筋肉・使えない筋肉なんてものはない。

大事なのは筋肉を使う中身(ソフトウェア)であるということです。

 

なぜボディビルダーの筋肉は使えないと言われてしまうのか

ボディビルダー

これはもう明白でソフトウェアを鍛えていないから。

 

ボディビルダー以外の選手は筋トレよりも技術練習に時間を費やします。

 

しかし、ボディビルダーは筋トレ以外の練習は行いません。

せいぜいポージング練習ぐらい。

 

そのため身体の各パーツを連動させて、パフォーマンスを発揮する能力が向上しません。

柔軟性も他の競技者に比べると乏しいです。

 

結果、見た目の迫力の割に身体能力が低いと思われてしまいます。

 

そもそもボディビルダーの筋肉は使えなくていい

バルクアップにおすすめのサプリメント

これを言ってしまうと元も子もないのですが、そもそもボディビルダーって身体能力を高めるために筋トレしているわけではありません。

 

別に速く走れなくていいんです。
脚の筋肉が立派であれば。

 

速いボールなんて投げれなくていいんです。
肩の筋肉が発達していれば。

 

他の競技者とは目的が違います。

 

ボディビルダー

目的:筋肉を肥大させる
手段:筋トレ

 

他の競技者(陸上やアメフト選手など)

目的:競技のパフォーマンスを上げる
手段:筋トレ

 

ボディビルダー以外の競技者は極論を言ってしまうと競技のパフォーマンスが上がらないなら筋トレなんかやらなくていいんです。

 

筋肉を付けることが目的ではなく筋肉を付けたことによって得られるパフォーマンスの向上が目的ですから。

 

逆にボディビルダーは筋肉が発達するなら身体能力なんて上がらなくていいんです。

 

身体能力の向上が目的ではではなく、筋肉を肥大させることが目的ですから。

 

まとめ:使えない筋肉は存在しない

ベンチプレス

まとめます。

 

  • 筋肉に使える筋肉・使えない筋肉なんてない
  • ボディビルダーの筋肉が使えないといわれるのはソフトウェアのせい
  • そもそもボディビルダーの筋肉は使えなくていい

 

最後はちょっと脱線してしまいましたが、私の本音を書きました。

 

社会人になって何かスポーツをやっている人でもなければ、見た目の筋肉だけでいいと思います。

というか見た目の筋肉のほうが大事です。

 

全力疾走したり、本気でボールを投げたりって日常生活でほとんどないですから。

 

それよりも温泉やプールにいったときに、かっこいい身体でドヤ顔できることの方が大事です(笑)

 

皆さんもドヤ顔するために筋トレしましょう。

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました