筋トレ初心者は何から始めたらいい?絶対にやるべきこと4つ

ベンチプレス筋トレ知識

どうもオバです!

 

しろくま君
しろくま君

かっこいい身体になりたい。
体を鍛えて強くなりたい。
でも何から始めたらいいのかわからない。

 

そんなこれから筋トレを始めようとしているあなたの疑問にお答えします。

結論から言うと、以下の4つから始めればOKです。

 

本記事の内容

  1. 目標を決める
  2. とにかく始める
  3. 記録をつける
  4. 継続する

 

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は少林寺拳法初段、ボクシングのプロライセンスも持っています。
本格的に筋トレを始めて1年以上になります。


間違った方法で筋トレをしてしまうと、効果が出ないばかりか怪我の原因にもなってしまいます。

正しい筋トレ知識を身に着けて、一緒にかっこいい身体を手に入れましょう!

 

スポンサーリンク

目標を決める

目標を決める

まず筋トレを始める目的を明確にしましょう。

目的(ゴール)によって、そこへたどり着くための手段も変わってきます。

 

目標を決める

  • 痩せたい
  • 太りたい
  • 腹筋を割りたい
  • 腕を太くしたい

 

など。

ここではとりあえず、ざっくりとしとした目標でOK。

 

また、以下のようなことをやっておくとモチベーションを保つのに役立ちます。

 

  • 目標を紙に書いて目に付くところに貼っておく
  • 目標とする人をスマホの待ち受け画面にしておく
  • 目標を達成したときのことを考える

 

とにかく始める

腕トレ

目標を決めたらとにかく始めましょう。

え?まず本を読んで勉強する?

 

そんなの筋トレしながらでも勉強できる。

腕立て伏せでもスクワットでも何でもいいのでとにかくスタートすることが大事。

 

そんで筋トレと同時進行で勉強も始める。

これは目標に向かって何をすればいいかを明確にするために絶対必要。

 

例えば、沖縄に行きたいのに北海道行きの飛行機に乗ってたら一生、沖縄にはたどり着けないですよね。

 

本とかネットとか YouTubeとか何でもいいです。

ただ間違った情報もあるのでちゃんと実績のある人の情報を探しましょう。

 

このブログでも筋トレの知識を学べる記事を書いているのでよければ読んで見てください。

 

初心者におすすめの筋トレ種目

すぐに始められる自重トレーニング(ダンベルやマシンなどを使わないトレーニング)を紹介します。

私も、自重トレーニングから始めました。

筋トレには色々な種目があって、何をやったらいいか迷ってしまいますよね。

そこで結果がわかりやすく、やる気が出やすい上半身に絞って2種目だけ紹介します。

 

・ディップス
・懸垂

 

今回紹介するこの2種目を行うだけでも上半身はかなりムキムキになります。

 

✅ディップス

鍛えられる部位:胸・上腕三頭筋


<やり方>
1.鉄棒につかまり、前回りするときの姿勢を取る
2.鉄棒に胸がくっつくくらいまで 肘を曲げる
3.体を元のポジションへ戻す

 

✅懸垂

鍛えられる部位:背中・上腕二頭筋


<やり方>
1.鉄棒にぶら下がる
2.鉄棒に鎖骨がくっつくくらいまで肘を曲げる
3.体を元のポジションへ戻す

 

どちらも全体重が負荷となる強度の高いトレーニングです。

最初は1回やるのも大変かもしれませんが、続けていれば必ずできるようになります。

まずは10回を目標にし、10回できるようになったら2セット、3セットとセット数を増やしていきましょう。

セット数って何?という方は下記の記事で解説しています。
>>【初心者向け】筋トレのセット数とは?

 

記録をつける

筋トレを始めたら記録をつけましょう。

記録をつけることで自分の体の変化、成長を実感できます。

 

記録しておくと良いもの

  • 体重
  • 筋トレメニュー
  • 食事メニュー
  • 写真

 

記録つけるのが面倒くさい、という人は自分が続けられるものだけでも記録しておきましょう。

 

後から記録をつけておけばよかったと後悔しても過去には戻れませんよ。

 

継続する

継続すること

継続は力なり。

1日だけめちゃくちゃ頑張って筋トレしても体は変わりません。

継続することが1番大事です。

 

継続するためには、本気でやること。
本気でやれば結果が出る。
結果がでれば、楽しくなる。
楽しいことは続けることができます。

私もそんな感じで続けてこれました。

この記事を読み終えたらさっそく近くの公園に行って筋トレしましょう。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました